旅行をより楽しむために飛行機に搭乗時に確認すること

飛行機に乗り込む前にできること

出国検査を通過した後に搭乗口を確認したら、搭乗が始まるまでロビーで待つことになります。搭乗案内が開始される前にゲートがどこにあるか確認しておきましょう。機内に案内する予定時刻が近づいてきたら、出発時刻や搭乗口に変更がないか掲示板を頻繁に確認してアナウンスなども聞き逃さないように注意するのが大事です。出国検査が終わった後は、手続き上はすでに日本を出国していることになります。そのため、免税店で買い物をすることが可能です。商品の購入時には搭乗券とパスポートを掲示しなければいけないので、準備しておきましょう。他にも保険の自動申し込み機やラウンジ、レストランなどの施設があるので現地で必要なものを購入することをおすすめします。

機内で確認しておくこと

海外旅行のために機内に入ったら、まず座席を確認して大きめの荷物を荷物棚にいれておきましょう。貴重品や衣類、筆記用具など機内で使用するものは前方のポケットや前の座席の下に入れておくと安心です。トイレは離着陸時以外と、ベルト着用のサインが点灯していない時に済ませましょう。食事のサービスを行っている時は通路がふさがってしまうので、移動が難しくなります。そのため、トイレの位置は早めに確認しておきましょう。機内にはブランケットや枕があり、会社によってはアメニティキットも利用可能です。どんな機内サービスがあるのか知って、快適に長時間のフライトを楽しみましょう。エコノミークラス症候群を防ぐために、水分補給やマッサージを行うのも大事です。